Menu ▼



メニュー

デートのキャンセルをしても、次の予定を言わない男

「彼は仕事が忙しいし、ある程度の責任も持たされて大事な部署で働いているので、デートの約束をしていても、いつキャンセルになるからわからないし、相手の都合にいつも振り回されている」

そんな女性は多いし、恋愛質問などにもよく見られます。

とくに責任のある仕事に就いている彼を待つ女性に多く見られ、「急なキャンセルや延期など、もうとっくに慣れっこ」という女性もいるでしょう。



キャンセルしたときの彼の対応で、あなたへの気持ちがわかる


仕事で急に会えなくなるのは仕方ありません。しかし、その連絡の仕方やフォローの仕方によって、あなたが彼にとって大切な女性か、そうでないかがわかります。

たとえば、楽しみにしていた彼とのクリスマスディナー、あるいは誕生日パーティーなどが、彼の仕事の都合で「突然行けなくなってしまってゴメン」と、彼が伝えてきたときのことを思い出してください。

携帯に一行だけのメールは問題あり


「今日のデートは、仕事の都合で急に行けなくなったよ」などと、携帯に一行だけメールが入ったりするのは、ちょっと問題ありと考えてよさそうです。

もちろん、よほどの緊急事態なら話は別としても、その後、必ず電話でフォローするものです。これは男女の関係でなくても、社会でのマナーのはずです。

しかし、電話をかける余裕があるのに、「一行のメールだけ」というのは、彼はあなたを大切に思っていないし、彼から軽く扱われています。普通は電話できちんと相手の感情を受け止めながら断るものです。

キャンセル後のフォローがないのも問題


また、約束の変更やキャンセルをしたときに、「次はいつなら大丈夫?」と、あなたに聞かない場合も問題ありです。
この場合、彼が自然にフェードアウトしようとしていると考えられなくもありません。

なるべく出会いを減らし、できることならもう会わなくていい方向にもっていきたいときに、男性はよくこのような行動をとるものです。

自分の都合で約束を守れなくなったときに、「いつなら空いてる?」とあらためて聞くのが、あなたを大切に思っている男性なのです。

とくに大切なイベントの日などで、やむなくキャンセルをする場合には、彼から「今日はどうしても抜けられない仕事があってゴメン。次に会うときは、高級レストランできっと穴埋めするから許して」などと言って、あとはふたりのスケジュールを合わす会話になるのが自然です。

キャンセルしても優しいフォローがないのは、要注意です。





結婚に不向きな男(9記事)
出会ったその日に「好きだ」と告白する男
「飲ませ上手な紳士男」の中に、羊の皮をかぶった狼がいる
「3年間彼女がいない」は本命彼女がいないという意味
金曜日の夜だけのお泊りは、遊び相手にされている
「引越し」と「入院」は、男の本性がわかるとき
彼の友達を紹介してくれないのは都合のいい女にされている
彼が自分の住所を教えないは、肉体関係だけが目的
他の男が現れても、無反応で「やきもち」を妬かない男
デートのキャンセルをしても、次の予定を言わない男


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP