Menu ▼



メニュー

「いい男」は「小悪魔の本心」を見抜いている

「いい男」と「普通の男」との違いは何かといえば、女性に対する洞察力です。

「普通の男」が、あたなの小悪魔的な魅力に舞い上がって心を奪われているときに、「いい男」は、あなたの「ずるさ、気まぐれ、嘘つき」の度合いについて、過去に関係した女性とを比較しながら、本性を見抜いているのです。

「いい男」とは、早く言えば、女性なら誰しも結婚したいと思えるような男性のことで、仕事もプライベートもイキイキと楽しみ、外見のオシャレにも気を遣う前向きな男性です。

ただ、学生から社会人となり、これから頑張るぞと意気込んでいるような一見「いい男」もいるでしょうが、恋愛経験が少なく純真無垢な気持ちも強いので、外見の自信のある小悪魔的な女性なら、簡単に落とせることでしょう。



「いい男」は、女性を冷静に判断している


ですが、あなたが今、結婚したいと思うような大人としての「いい男」は、そうはいきません。彼らはあなたがどんなに美しくても、自分の過去の経験と照らし合わせ、冷静に判断するからです。

★ 人生を賭けたような真剣な恋
★ 突発的でアバンチュールを楽しむ恋
★ 好きでもないが、意図的に騙したような恋
★ お金目当てに近づいてきた恋
★ 三角関係で抜き差しならない関係になった恋

いい男は経験が豊富なため、女性の洞察力が強い


本物の「いい男」はそのような体験を積み重ねてきているからこそ、どんな相手となら、楽しくて安心した恋ができるかを冷静に見つめます。そして、「ずると、気まぐれ、嘘つき」の3要素が感じられる女性を、恋人候補から外します。

最近では、「小悪魔的な女性」とか「魔性の女」が魅力的な女性の象徴として使われ、男にとって魅力的な部分が多いのは確かですが、その分量を間違ってしまうと、幸せを逃がす「毒」にもなります。

小悪魔の度合いが高すぎると本命から外れる


「小悪魔」の度合いがあまりに高すぎると、一緒に家庭を築く相手としては見られず、ちょっとした浮気関係にはよくても、結婚する気にはなれません。

ここで大切なことは、「いい男」は、やや誠実すぎるくらいの女性を本命として認めます。こんな女性をだまそうと思えばだませますが、そんな正直な物腰や振る舞い、マナーを身につけた女性こそ、いい男はあえて大切に扱うのです。

最後の恋をしたいのなら、彼と一生をともにしたいと思うのなら、小悪魔的なパフォーマンスははじめだけにして、その後は、ひとりの人間として誠実さを前面に押し出しましょう。

さらに、あなたの「ずるさ、気まぐれ、嘘つき」を助長する生活習慣と交友関係を、なるべくなくすことが必要です。





本命女性の特徴【選ばれるためのポイント】(15記事)
男性が結婚したいと思うときと本命彼女の特徴(9個)
本命女性に選ばれるのは見た目の美人より表情美人
自分のために美しくなりたいという女性を男は手放さない
感情のバイブレーションが重なり合えば、恋に発展する
「バカになれる女性」は安心して打ち解け親近感が生まれる
「いい男」は「小悪魔の本心」を見抜いている
恋の予感を楽しむ「いい男」と「いい女」の関係
同性に好かれない女性には、いい男は誰も振り向かない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP