Menu ▼



メニュー

言ってはいけない一言で、いい男の心は一気に冷める

基本的に男は、おだてていれば、たちまち元気を出しますが、逆に、男性に言ってはいけない言葉があります。言えば、心に突き刺さる言葉があるのです。



「オシッコしてくる」


若い子ならイザ知らず、大人の男は冷めてしまいます。
悪くても「おトイレに行ってくる」ぐらいにして欲しい、大人の女性なら「化粧室に行く」と言うものです。


元彼の話


現在、今の彼とつき合っているのに、「元彼から電話があった」とか「元彼と会った」とか「元彼はこんなことしなかった」など。

聞いていて、前の男がいいのか、ただの淫乱な女なのか判断に迷う。そのうえ、元彼からもらったアクセサリーを平気で着けている。男としては白けてしまいます。


「お金がない」とか「買って欲しい」


同年代の男に言うのは別に問題ないでしょうが、年上の少しリッチで余裕のある男性に言ってしまうと、誤解されます。お金持ちだったら、たぶん、宝石のひとつも買ってくれるでしょう。でも、その後が大変で、おそらく体を求めてくるでしょう。

女性が男に「ブランド物のバッグが欲しい」とか「素敵な洋服が欲しいな」と言う場合には、抱かれたいぐらい好きな男にしか言ってはダメです。



「あたし、料理なんかできないの」


最近の女性なら、「男も料理ぐらいできて当たり前なのだから、私があなたに料理を作って上げられなくてもいいじゃないの」と言いそうですが、とんでもない間違いです。

女性が料理を作るのは、時代とは関係なく、当たり前にできないといけないことです。
当たり前のことができないのに、臆面もなく「あたし、料理できない」と口に出すのです。


「お父さんが嫌い」


男はだれでも父親になって、一家を構え、妻子を養っていくことに誇りと男の自信を持っており、可愛い娘を守ることに一生一生懸命になっているものです。

そんなとき、「お父さんが嫌い」と娘に言われたら、男を否定されたような気分になり、心が砕けてしまいます。他人にも、決して言わないことです。彼の気持ちもいっぺんに冷めてしまいます。


「あなたは、何をしてもダメね」


少し厳しい言葉を言えば、奮起するだろうと思っているかもしれませんが、実際のところ、やる気を出すどころか、落ち込む場合が多いのです。
男性には、ショックな言葉です。
女性からひどく罵られたと感じて、自信をなくします。




いい男の特徴【女に求めているもの】(19記事)
さりげなく男を立てる女性は最高
いい男の成功を一緒に喜べる女性は最高
可愛い女性は食べ物のバランスと食べ方の上品さも必要
もてるか、もてるふりをする女性は「いい男」には逆効果
女性は日常生活の中にもミステリアスな部分を残すのがいい
いい男は自分が分からない「おバカ」な女性を敬遠
いい男の気持ちを裏切らない清潔感を漂わせよう
「女性は浮気ができない」という「いい男」の幻想を守ってほしい
言ってはいけない一言で、いい男の心は一気に冷める


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP