Menu ▼



メニュー

子どもが欲しいときには、男を空腹にさせよう

ある本によりますと、性的交渉ができない若者が増えていると同時に、精子異常も増えているということです。

これまでは、1回の射精で放出される精液は3ccで、1ccの中に含まれる精子の数は1億個以上で、1回の射精につき約1〜2億個の精子が放出されるというのが基本的なデータのようです。

ところが20代の若者で、この数値を満たしているのは全体の30%前後という結果が、最近の調査によって判明し、60歳代の同じ調査では、約60%がこの数値をクリアしているということですから、オジサンに比べたら、いかに若者に元気がなくなってメス化してきたかということです。



精子異常の原因は、食べ物との関係が深い


これらの原因としては、いろいろな要因が複合的に重なってはいるでしょうが、とくに食べ物との関係が深いといわれています。

食糧事情が悪いと子だくさんになる


昔から「貧乏人の子だくさん」という言葉があるように、戦後、食べ物も不自由した時代に子どもはたくさん生まれました。世界でも、発展途上国といわれるような、まさに食糧事情の悪い国ほど、子だくさんという事実があります。

これも生命の本能が働く結果であり、食糧事情が悪く、栄養不足で、いつ死んでもおかしくないような状態に置かれますと、種(しゅ)が絶えないよう、種の保存本能が強まり子孫を残そうと必死に励むのです。

また、当然、精子の数も増加するのです。

飽食の時代になると種の保存本能が弱まる


そして、現代は飽食の時代で、栄養の取りすぎで、少子高齢化に突入しています。

現代は、飽食の時代で栄養を取りすぎて、種の保存本能が弱まってしまい、その結果、精子の数が減るだけでなく、セックスレスにもつながってきているのです。


食べ物の影響もある


もともと日本人は長い間、農耕民族としての生活基盤を築いてきたため、胃や腸の体の仕組み自体も、植物性の食べ物を消化しやすいように出来上がっているのに、欧米化の影響で、最近の若者は、アメリカの消費量に負けないくらい肉食系の食物を摂取するようになりました。

肉食動物と草食動物の違いを見れば分かるように、肉食動物は草食動物を食べて子どもを増やしていきますが、草食動物は肉食動物から種(しゅ)を守っていかざるを得ないため、いい精子を残すように精子の能力が高いのです。

日本人はもともと農耕民族ですので、植物を採取して食べているほうが、精子の質がよかったのに、肉食系になってきたために、精子の活力が落ちたとも言われています。

いずれにしても、子どもができにくい女性は、男性に肉食を控えさせ、さらに満腹にしないよう少し空腹にさせて、頑張ったほうが良いのです。








結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音
【女性には言えない男の本音】
男と女の心身の違い
「優しい男」は女の本能を満足させない
オスは生物学上、みな浮気性
男と女の恋愛に対する考え方の違い
男は浮気しても本気にはならない
男はなぜ自分の一物にこだわるのか?
女性のイメージチェンジは男を発奮させる
子どもが欲しいときには、男を空腹にさせよう






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP