Menu ▼



メニュー

相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【U】

E 女性は基本的に方向音痴です

10人の女性がいれば8人は方向音痴といっていいでしょう。デートなどで、あっちこっち引っ張り回されると、自分の位置がわからなくなるから、心細くなって、男のいうままについていくという傾向が、普通の女性にはあります。ところが、どこへ連れて行かれても大丈夫、一人で帰れますというタイプがいるものです。これは「異常」なタイプです。

しかし、社会的に訓練されていくと、この「異常」な女性たちが増えていくものです。男たちが、どちらを選ぶかは、男の正常か異常かの感覚です。



F 女性は基本的によく泣く

これは方向音痴と違って、女の有力な武器です。泣くことで男を困惑させ、人の同情を買い、自分に有利にすべてを選ぼうとします。女性が泣くと、どうしても男はオロオロしますが、本当はそんな必要はないのです。

「女の涙は冷や汗」という言葉もあるくらいで、女性が泣くときは、8割方、自分に都合の悪いときと思って、ちょうどいいでしょう。泣かない女性は、どんな武器を別に用意しているかわからないので、男にとってはより以上の難敵です。


G 女性は基本的に視野が狭い

要するに、ものの見方が狭いのが普通だということです。一般に、女性はガスレンジ3つを同時に使って、料理ができないといわれています。料亭でもフランス料理でも、プロのコックはすべて男であるゆえんでしょうか。できる女は男っぽい。

視野の狭い女性は、思い込むと周囲が見えなくなるものです。

ただ、視野は広いのがいいとばかりはいえず、女性は狭い代わりに、直感によって電光のごとく本質を見通す能力を持つものです。男は広い視野で見て「ああでもない、こうでもない」と理屈をこねていますが、意外に本質に達しないところがあるので、女性の視野の狭さをバカにはできないようです。



H 女性は基本的に非論理です

女性は男から見て、ムチャクチャな論理でくるときがあります。ですが、そのムチャムチャは、単に男がたどれないというだけの話で、長い目でみると、自然の営みには合致していることが多いものです。

逆に論理的な女性は、男っぽい、異常なタイプです。理知的で良い面もありますが、何か大切な女らしさ、うるおいを欠いている可能性があるものです。

うまくいっている夫婦は、どちらとも基本型、あるいはどちらも異常型で、その点ピッタリ息が合っているわけです。

ここでの女性の基本には、男にとって「嫌だ」という側面もずいぶんあります。嫌だと思うから、逆の「異常な面を持つ女」に魅力を感じます。ですが、短期間ならいいでしょうが、結婚のような長丁場では、自分のタイプを無視して、相手を選ぶべきではないでしょう。







結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音
【女の知らない男の秘密】
男と女の心身の違い
「優しい男」は女の本能を満足させない
オスは生物学上、みな浮気性
男と女の恋愛に対する考え方の違い
男は浮気しても本気にはならない
男はなぜ自分の一物にこだわるのか?
女性のイメージチェンジは男を発奮させる
子どもが欲しいときには、男を空腹にさせよう
【恋の誤解はなぜ起きるの】
男の恋に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛行動に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛感情に対する女性の誤解と勘違い
男女を結び付けているものは何?
男も女も恋の麻薬は必ず切れる
麻薬が切れると新たな刺激を求めて他の異性に走る
【男はこんな女性の外見・しぐさで本性を見抜く】
口、耳、目、鼻で、女性の本性・心理は見抜ける
「性格のいい・悪い」は顔を見るだけでわかる
口紅の色がクルクル変わる女性の心理
女性の本当の魅力は、デートの仕方でわかる
可愛い「甘え型」か、うるさい「非難型」かを結婚前に見抜く方法
「夫を侮辱する妻」になる女性の五つの口癖
【結婚適性の高い女性か低い女性かを常にチェック】
あとで必ず後悔する4つのパターンのつき合い方
美人を妻にするとき必ず覚えておかなければならない点
社内結婚では女性の反面しか見えていないから要注意
【男は女性との相性の良し悪しをこうやって見分けている】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【T】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【U】
目ざわりな相手よりももっと深刻な「耳ざわりな人」
歩く速さのテンポやリズムで「生き方」や「人生観」の相性がわかる
部屋の不潔さの感じ方や育ちの違いでも夫婦決裂の危機もある
相性がいいかどうかを単純に推し測る方法
性格が正反対でも不思議とうまくいくカップルもある
【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】
女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」といふ形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP