Menu ▼



メニュー

本当の「性」とは生命が輝くことです

女性は、自分の好きな彼をつなぎとめておきたいために、体を開く人がいますが、こんなことで男性の心をつなぐことはできません。



男は性的関係を持っても、欲求の捌け口にするだけで、性的関係と愛情関係とは直接関連しないことが多いのです。男は溜まったら、出したくなるのが本能で、女性なら誰でも良いのです。

ただし、相手の男性から「愛しているよ」と正式にラブコールがあった後の肉体関係であれば、問題はないでしょう。

演歌の歌詞のなかでは、昔から男は「蝶」、女は「花」などと例えられ、歌われていますが、まさにその通りで、蝶はキレイな花の蜜を求めては、次から次へと新しい蜜を求めて飛び去っていくのです。

あなたの肉体の花がいくらキレイに開いていても、それを貪ってしまえば、蝶は「ありがとう、ご馳走さま」とだけ礼を言って、去るのです。
蝶は、花の「あなたのためにキレイに開いているのよ」という気持ちまでは理解しないのです。

ただ、性的興奮が高まってくると、精神が高揚して、男としては彼女を愛していると錯覚することがありますが、あなたの肉体に飽きてきますと、もともと本当の愛情から出発したわけではないので、ようやく愛していないことに気がつくのです。



深い愛情で結びついた「性的関係」は、生命に通じるものがあり、生命と同様に尊いものです。なぜなら、「性」はあなたの誕生と深く関わっているからです。

もし、性的欲望のためだけに、女性を次から次へと取り替えてきた人は、「性」というものを神聖なものとして尊ばないために、いくら肉体的欲望を追求しても、心が満たされることはなく、自ら肉体を傷つけてきたのと同じなのです。

「性」は「聖」と語源を同じくしており、性的に傷つくことは、自分の中の「聖」なるものが傷つくことと同じであります。

「性」という字は、「心」が「生きる」と書きますように、お互いの深い愛情から結ばれた「性」は、お互いの心が感動し魂の奥深いところでつながるのです。

多くの人は「情欲」を「愛」と勘違いし、性を肉体の満足感と考えますと、性の本質から遠ざかり、魂が満足しない性的な交わりは本当の「性」ではないのです。







結婚前にこれだけは知っておこう
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
妻の精神的進歩が止まれば夫婦の会話はなくなる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の家庭生活の話を真に受けてはならない
男と女の違いを理解することが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある
【弱くなった男を支えるのが賢い女性の対応】
男は女に癒されることで能力が発揮される
性的関係の満足度は別れる理由になるのか
男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く
気力の乏しい男には、野菜メニュー
男の肉体疲労には強壮・強精食材で活を入れよう
男も女も運動で下半身を鍛えておこう
【知らなかった!と後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながりである
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には「女でいる幸せと母親になる幸せ」がある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心の底には?
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP