Menu ▼



メニュー

男として女としての正しい生き方を知っておこう

最近の学校教育では、「男女の区別をなくそう」という活動が広がっているようですが、これは大きな過ちであります。

その活動とは、「男らしさ」や「女らしさ」は男女を区別するものであり、けしからんと言っているわけです。端午の節句も桃の節句もダメ、男の子は「男らしくなってはいけない」、女の子は「女らしくなってはいけない」と教育しているのです。

トイレも着替えも男女の区別なく共同で、これが男女平等で素晴らしいと思っているのです。シイッーのオシッコの音を聞かれても、着替えを見られても恥ずかしくない女の子が出来上がってしまうのです。



男女平等を推し進めると、オネエ系が増えてくる


これらの活動を推し進めている結果、オネエ系とかオカマと言われるような男が以前よりも増え、当たり前のように、毎日テレビに出演しています。「男の性」と「女の性」が入り混じって、性そのものが曖昧になってきているように感じます。

でも、ほとんどの親は、「男は男らしく、女は女らしく育てたい」と思っているのです。

なかには、「男に生まれてきても女のような生き方をしてなぜ悪いのだ」、あるいは、「女に生まれてきても男のような生き方をしても勝手ではないか」と反論する方もおられるでしょう。

それに対して批判する気はありませんが、ただ自然な生き方でないことだけははっきりしています。


男女平等の生き方が正しいなら、創造主は男と女を創る必要はなかった


もし、そういう生き方が正しいのであれば、創造主は男と女を創る必要はなかったはずです。男と女は、お互いに深く合うためにこの世に存在しており、そして、子どもを授かるのです。

子どもが生まれたら、お母さんが乳を飲まし、育てますが、男には絶対にできない生物学上の違いがあるのです。


お互いの存在がないと種は保存できない仕組み


人間も含め、生物の世界では、お互いの存在がなければ種を存続できないような仕組みになっているということは、女は女としての生き方が求められており、男は男としての生き方が求められているということです。

そういう根本的な問題があるのに、「男女の区別をなくして生活するジェンダーフリーが正しい」という誤った思想で、女の子たちを洗脳しています。

男と女が正反対の特質を持っていることの一例を挙げれば、肉体的には、女の性器は外から見えないようにできており、男の性器は露出しています。精神面についても次のように対照的になっています。

女は、「柔らかさ」「優しさ」「包容力」、男は「強さ」「闘争心」「厳しさ」が本質にあるのです。

要するに、「男は男らしく」「女は女らしく」というのが、陰陽の基本原則であり、男が女のまねをしたり、女が男のまねをしたりするのは、基本原則から外れているのです。







今の彼との結婚前にこれだけは知っておこう
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
夫婦生活の円満には精神的向上が大切になる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の夫婦生活は演出されており、真似してはダメ
男と女の違いを知ることが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP