Menu ▼



メニュー

■ 「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない

男の本能は、何度も言っているように若くて美人を好むように、太古の昔から男のDNAに組み込まれているのです。

逆に言えば、年より臭くて、ブサイクな女性には、男は見向きもしません。



ですから、男は、当然、おばさんが嫌いです。
「おばさん」という言葉を聞いただけで、女の魅力はゼロという気持ちを抱かされて、イヤな気分にさせられてしまいます。


よく、電車の中などで、若い女性の話し声を何気なく聞いていますと、「私は、もうおばさんだから」などと、自ら表明している人がいますね。その女性の歳といえば、おそらく二十歳前後ではないかと思われます。

20代でおばさんだったら、「おまえは30歳になったらどうなるんだ」と尋ねてみたいです。

それくらい、「20代で私はおばさん」発言は多いのです。

男だって、「オレはもうオヤジだから」などと言いますが、これはわりと許されているようですが、できれば男だって、マイナス言葉は吐かないほうがいいに決まっています。

自分をバカにするセリフというか、卑下するようなセリフというのは、あまり相手に良い印象を与えません。できるだけ、言わないようにしましょう。

特に、相手が年上の男だったら、「私は、もうおばさん」攻撃は、まったく通用しないばかりか自滅していくから、本当に注意して欲しい。



大人の男は、若くてキレイな女性、そのうえかわいい女性が好きですので、おばさん臭い女性をかわいく感じることなどありません。それが、自称「おばさん」では話になりません。

「私は、まだ若いから頑張ってキレイになるぞ」と、瑞々しい声で言われたら、それだけで、歳なんか何の関係もなく、かわいく感じてしまうものです。


最近では、高校生ぐらいの女の子でも、自分のことを「おばさん」などと言っていますが、自分をおばさんだと言う女の子は、やはり魅力はありません。

若々しいオシャレはしないし、短いスカートもはきません。レギンスを好んではいている女の子も、おばさん指向が強いです。

男の本能による女性の好みは、若さと美しさですから、女性は何歳になっても、若々しくなろうとする努力が必要なのです。気持ちが若々しくて、そのための努力を一生懸命している女性は、なお「かわいい」と思ってしまいます。

男の本能に逆らう「おばさん」は、ほ
とんどの男性から、女性の年齢に関係なく、避けられてしまうのです。







 死ぬまで愛される女性を目指そう
男がそばにいたくなる女性になろう
女性が一歩控えればすべては調和する
夫の悪口を言うような妻になるな
女性は自分の売り時を知っておこう
35歳を過ぎても結婚できると錯覚するな
夫婦は平等ではないのが天地の理
女性が輝けば、それに見合った男が惹き付けられる
「自分の気持ちを読める女性」を男は絶対手放さない
恋の自滅は男の本質に盲目すぎる
今の女性は課題が多すぎる
あなたはどんな男と恋をしたいのか
良い恋愛と悪い恋愛
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
結婚に失敗する女性の共通点とその末路
仕事を頑張りすぎる女性に幸せはこない
デートのお金など女性が払う必要などない
恋愛依存症はダメ男の餌食になってしまう
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP