Menu ▼



メニュー

「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない

男の本能は、何度も言っているように若くて美人を好むように、太古の昔から男のDNAに組み込まれているのです。

逆に言えば、年より臭くて、ブサイクな女性には、男は見向きもしません。

ですから、男は、当然、おばさんが嫌いです。
「おばさん」という言葉を聞いただけで、女の魅力はゼロという気持ちを抱かされて、イヤな気分にさせられてしまいます。



「おばさん」というマイナス言葉は男から敬遠される


よく、電車の中などで、若い女性の話し声を何気なく聞いていますと、「私は、もうおばさんだから」などと、自ら表明している人がいますね。その女性の歳といえば、おそらく二十歳前後ではないかと思われます。

20代でおばさんだったら、「おまえは30歳になったらどうなるんだ」と尋ねてみたいです。

それくらい、「20代で私はおばさん」発言は多いのです。

男だって、「オレはもうオヤジだから」などと言いますが、これはわりと許されているようですが、できれば男だって、マイナス言葉は吐かないほうがいいに決まっています。

自分をバカにするセリフというか、卑下するようなセリフというのは、あまり相手に良い印象を与えません。できるだけ、言わないようにしましょう。

特に、相手が年上の男だったら、「私は、もうおばさん」攻撃は、まったく通用しないばかりか自滅していくから、本当に注意して欲しい。


大人の男は、若くてキレイな女性が好き


大人の男は、若くてキレイな女性、そのうえかわいい女性が好きですので、おばさん臭い女性をかわいく感じることなどありません。それが、自称「おばさん」では話になりません。

「私は、まだ若いから頑張ってキレイになるぞ」と、瑞々しい声で言われたら、それだけで、歳なんか何の関係もなく、かわいく感じてしまうものです。

最近では、高校生ぐらいの女の子でも、自分のことを「おばさん」などと言っていますが、自分をおばさんだと言う女の子は、やはり魅力はありません。

若々しいオシャレはしないし、短いスカートもはきません。レギンスを好んではいている女の子も、おばさん指向が強いです。

男の本能による女性の好みは、若さと美しさですから、女性は何歳になっても、若々しくなろうとする努力が必要なのです。気持ちが若々しくて、そのための努力を一生懸命している女性は、なお「かわいい」と思ってしまいます。

男の本能に逆らう「おばさん」は、ほとんどの男性から、女性の年齢に関係なく、避けられてしまうのです。




男運がない女性の特徴(24記事)
男運の悪さは6つの生活習慣から作られる
「満月の夜」は狼男が出やすいので外出は要注意
男に頼りたくなる女性は、男運を下げてしまう
男運の悪い女性はベッドインの前の確認を忘れている
失恋時や離婚時に、自分から男性に近づくと男運を下げる
男運が悪い女性は、相手の波長に合わす努力を
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP