Menu ▼



メニュー

仕事を頑張りすぎる女性に幸せはこない

今のフェミニズムは女性を幸福にせず、不幸に陥れている


フェミニズムとは、男女差別を撤廃し、ジェンダーフリーな社会を作ろうとする平等主義のことだと思われているようですが、フェミニズムは直訳すると「女性主義」であり、男女平等=ジェンダーフリーではありません。

しかし、このフェミニズムのおかげで、今の世の中、女性も自由を満喫できるようになったのは間違いありません。

最近は、男女平等を男女同権だと勘違いし、「男らしさ」や「女らしさ」も性差別だと訴えています。もともと男と女は生まれながらに社会での役割が全く違うわけですから、男女平等など、空論でしかないのです。



男女平等を履き違えている女性に幸せは来ない


女性は男と同じように仕事をしながら、完璧なヘアメイクやダイエットを強いられ、そのうえ、残業で遅くなっても、絶対にシャワーを浴びないといけない。彼がいれば、性的関係も結ばなければいけないし、疲労は蓄積していく一方です。

フェミニストが男女平等を声高らかに主張して、女性に仕事をさせたいのなら、「女は化粧など必要ない。化粧を強要する社会は女性差別だ」と言わないといけません。「ダイエットは女性差別に他ならない、男はデブの女をきちんと愛せ」と。

これだけでも、男女平等をはき違えて解釈しているのです。

★ もともと男は、仕事ができるような体と脳の仕組みができ上がっているのです。

★ 女性は、そういう男の疲れた心と体を癒して家庭を守るように創られているのです。

あなたが男性と同じように夜遅くまで頑張って働いて、そして若さと魅力を失ってしまったとき、誰があなたと結婚したいと思いますか。

フェミニストは結婚できないようなブサイクな女性の集団であり、それを覆い隠すためにフェミニズムなどと主張しているのです。

ふつうの若い女性は、美しくなりたい、子供が欲しいと思うのが自然なのです。

ちょっと仕事を続けていれば、「早く、仕事を辞めたい」と大半の女性は思っていますが、それが言えない女性は、夫と二人で家のローンを払っているから、言いたくてもいえないのです。

会社ではお局さんになって、みんなから嫌われ、それでも働かないといけないのです。

フェミニストの言うことを真に受けて、かわいい女の子は社会進出して、身も心もボロボロになっていくのです。フェミニストは、ブサイクでモテないから働かざるを得ないのです。それを若い子にまで、洗脳して、夜遅くまで男と張り合って働くことが、男女病だと言っているのです。

★ 女性は、仕事など頑張らなくてよいのです。本当は働かなくてよいのです。働くのは男であって、その男の働いたお金で、あなたはキレイになり、そして男を優しく癒してあげたらいいのです。これが天地の法則です。




恋愛・結婚に失敗する女性(34記事)
キャリア系女性の陥りやすいワナにはまっていませんか?
男縁の薄い女性だけでつるんで、遊んでいるのではありませんか?
ひとり婚活は、逆に男縁を薄くして出会いがない
仕事のできる女だけでは、女性の評価を高めることにはならない
危険な恋にはまってしまう女性は悪い男につかまりやすい
美人で知的な女性ほど、マザコン男につかまりやすい
いつも食い逃げされて弄ばれている女性は、要注意
同じタイプのダメ男にいつも失敗する女性は、要注意
恋の自滅は男の本質に盲目すぎる
仕事を頑張りすぎる女性に幸せはこない
恋愛依存症はダメ男の餌食になってしまう


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP