Menu ▼



メニュー

男の精力が減退し妊娠できないカップルが増えている

種の保存本能と食べ物とは非常に密接な関係があるようです。

だいたい子どもは、食べ物が不足している環境のほうがたくさん生まれます。




日本も戦後の貧しい時代には、子どもはたくさん生まれました。

でも、現在、飽食の時代といわれ、日本も含め先進国では、少子化が社会問題となっていますが、食糧事情の悪化が深刻な発展途上国のほとんどは、爆発的な人口増加が起こっています。

生物の生命原理として、個体の栄養が良くなり過ぎると、子孫を残す本能が働かなくなるというものがあります。食糧不足で栄養失調状態になると、個体生命が種族保存の危機を感じて、種の保存本能が強く働き、子孫を残そうとする行動に出ます。

つまり、飽食の時代となって、食生活が食べ過ぎ傾向にあるというのもひとつとして上げられるわけです。

動物の世界でも、オスのオットセイは交尾をするときに断食をするそうですが、犬でもメスが生理になって発情すると、とたんにエサを食べなくなります。

また、肉をたくさん食べるようになったことも、要因のひとつとして考えられます。

ある調査によると、「ハンバーガーをよく食べる」と答えた男性の77%に精子奇形率が高い傾向が見られたそうです。




日本人は、もともと農耕民族であり、長い間にわたって植物性の食べ物を多く摂取してきました。それが戦後、一転して、食生活が欧米化し、肉食文化である狩猟採集民族の欧米人たちと同じように、肉を摂るようになったことも、精子異常の一端があるようです。

肉食動物というのは、子供がたくさん増えればその分エサがなくなります。反対に、肉食動物のエサとなる草食動物は、子どもをたくさん残していかなければ種の保存が危機になります。

子どもをたくさん残すには、質のいい精子が必要ですから、肉食動物より、草食動物のほうが精子を作る能力に長けている可能性もあります。

このようなことが、複合した原因となって、最近は、男が中性化して、オネエとかオカマといわれる第三の人類が出現することとなり、セックスレスの夫婦から、現実に子供ができなくい若い男が増えているということです。

あるデータによれば、1回の射精で放出される精液は約3ccで1ccの中に含まれる精子の数は1億個以上が必要と言われているのに、最近の調査では、20代の若者で、この数値を満たしているのは30パーセント前後といわれ、一方、60歳代の約60パーセントはこれをクリアしているそうです。

実際、男性の精子に問題があって妊娠できないカップルが増えているのも事実です。







将来性のない最低男と結婚してはダメ
他人に媚びるような男に明日はない
共働きを期待する男には手を出すな
ダメ男は、どこまでいってもダメ男
ダメ男が結婚で考えていること
親の金をアテにするバカ息子はダメ
共働きは女の墓場だ
専業主婦は女の極楽だ
草食系男子に未来はない
男の口上手に騙されるな
決断力や企画力のない男に見込みはない
給料が安いと無駄なケンカが多くなる
育児休暇を取るような男に未来はない
ダメな男は妻や恋人の値打ちも下げてしまう
恋愛本に洗脳されると将来性のない男が引き寄せられる
「相談ごとや身の上話を聞けない男」は将来性がない
親の金をアテにするニートやフリーターだけはダメ
男の精力が減退し妊娠できないカップルが増えている



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP