Menu ▼



メニュー

忙しい彼へは「健気なメール」で返信不要の気配りを

携帯電話といえば、主流はメールの活用ですが、男として一番厄介なのが質問メールです。



「今、外は雨ですが、そっちはどうですか?」
「私は今ショッピングしていますが、何をしていますか?」
「明日のデートは何を食べたい?」
というようメールで、やたらと質問攻めされることです。

あなたが好きな彼と出会えて、気分もウキウキしているは理解できますが、質問メールは控えめにすべきです。そうでないと、送られてきた彼は、答えなければいけない強迫観念が生まれて、すごく苛立ち、気持ちが冷めてしまいます。

とくに、仕事中に送られてきたら、最悪のパターンといっていいでしょう。
「今日の昼食は、何を食べた?」
というメールが来たら、仕事のできる有能な男なら、怒り心頭に達して、ケータイに向かって、周囲に聞こえないように「バカヤロウ!」と叫んでいることでしょう。とても返信など期待できません。

もし、相手の時間にお構いなく、メールを発信したいのなら、メールの最後に、「返信はご無用です。お仕事頑張ってください」と書けば、仕事のできる彼はきっと不安がなくなります。

つき合い始めてまだ日が浅いのであれば、彼が素直に喜べるような、「あなたのことがとても気になっています」というような、メールを送ってあげるといいのです。



「今日は、いっしょに食事にいけるので、とても楽しみにしています」
「昨日は、とても楽しかったです。またぜひ近いうちに会いたいです」など。
できるだけ積極的に打って出るのが上策です。

無能な男に積極的に出る必要など、さらさらありませんが、仕事のできるいい男なら、女性のことが眼中にないくらい頑張っていますので、女性から先手を打つ必要があるのです。待ちの姿勢では、彼は仕事優先になるのです。

ただ、積極的にメールを出すにしても、しつこすぎるのは禁物です。もし、彼からの返信が遅かったような場合、疲れているか、忙しいか、何らかの理由がありますので、続けてメールはしないことです。

また、つき合いが深くなっても、あまり難しい政治経済などの話題や暗い話はメールでしないことです。男は、女性と難しい話をしたいなどと思っているのではなく、ただ疲れた心と体をあなたに甘えて癒されたいだけなのです。

一流の男こそ、仕事でクタクタになっているわけですから、あなたが彼の耳元で「愛しているよ」と囁いてあげるだけでいいのです。もちろん、メールでもいいでしょう。







出会いを生かして深めるテクニック
男を立てる女性は、世界でいちばん「かわいい」
彼の両親に会うときの留意事項
彼のプレゼントがだんだん安物になってきたら?
遠距離恋愛は女性が会いに行かなければ破綻する
モテる男は女性を磨いてくれるが独占はできない
元彼を無理に忘れる必要はない
男の浮気には「許せる浮気」と「許せない浮気」がある
忙しい彼へは「健気なメール」で返信不要の気配りを
合コンより仕事に夢中になっている身近な彼を誘ってみよう
好きになった彼に「過去の恋愛経験」はタブー
「友達以上、恋人未満」と言うなら、そんな彼はやめておこう
彼のいないあなた、出会いは自分で作り出すもの
彼の好みのファッションをリサーチしよう
気になる男の脈あり、脈なしサインとは?
女性は、「もっとモテたい」などと思う必要はない
恋の始まりは、まずは名前を呼ぶことから
恋の始まりに敏感な女性だけが出会いを生かせる
相手の脳裏に強い印象を残す「訊ね上手な女性」になろう
社内恋愛で成功する女性、失敗する女性、どこが違う
緊張感がなく油断している女性は恋が遠ざかる
知らない間に彼を傷つける言葉を発していないか
女性の後姿に色気が発散しなくなったら終わりだ
男が口説きたくなるような勝負服を持っているか
「いい男はいない」と君は言っていないか
「約束を守る女性」は男性から愛され大切にされる



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP