Menu ▼



メニュー

遠距離恋愛は女性が会いに行かなければ破綻する

遠距離恋愛は、お互いが堅い信頼関係を築いていないと、長続きしないものです。

結婚の約束をしていない以上、早晩、破局することを覚悟しておくのが良いでしょう。それだけ成功するのは至難なことなのです。




たとえば、月に1回会おうと決めていても、どちらかの体調が悪くなったり、仕事で都合がつかなくなると、次に会えるのは2ヵ月後の再開となります。

また、旅費や宿泊費だってバカにはなりません。どちらかがアパートだったら、宿泊費はいらないにしても、もしホテルで泊まるとなったら、旅費と合わせても5万円程度にはなるでしょう。

これらは、お金の問題ですが、もうひとつ、男と女の根本的な問題があります。

多くの男女が社内恋愛で結婚しているように、男と女は遠くにいる恋人よりも、近くにいる好みの人に心が奪われてしまうのです。


なぜだか分かりますか。


それは男の事情によるもので、遠くにいて月に1回しか性的関係を持てない女性より、身近な女性で週に1回デートできる女性のほうが、男の性欲という本能的な欲求を満たすことができるからです。

そのうえ、自分の自由時間を彼女に束縛されることなく、他の女性とも交際できます。しかも、遠距離の彼女に知られることなく、自由に遊び回ることができるから、男にとっては願ったり叶ったりです。つまり、二股恋愛が可能ということです。



遠距離恋愛が失敗するのは、このように大半が男の浮気が原因ですが、それは浮気というより、身近な女性に本気になって、遠距離の彼女こそ、浮気相手となって立場が逆転することだってありえます。

女性の場合は、本能として、男の肌が恋しくなって欲情し、他の男を求めるということはなく、ただ寂しいという気持ちだけですみますが、男は性的欲求の処理をしないと、どうも苛立ちが収まらない悲しい体になっているのです。

ですから、彼の心をつなぎ止めておくためには、あなたが、彼のどんな浮気相手にも負けないくらい、会いに行く回数を増やすことです。

そして、「私を抱いてください」と素直に言って、彼の切なる欲望をいやと言うほど満たしてあげ、最後に「いつまでも待っています」と伝えるのです。

それしか方法はありません。


それでも、ふられることだってあるでしょう。
それは、どちらに原因があるのでもなく、遠距離が別れる原因を作ったのです。







出会いを生かして深めるテクニック
男を立てる女性は、世界でいちばん「かわいい」
彼の両親に会うときの留意事項
彼のプレゼントがだんだん安物になってきたら?
遠距離恋愛は女性が会いに行かなければ破綻する
モテる男は女性を磨いてくれるが独占はできない
元彼を無理に忘れる必要はない
男の浮気には「許せる浮気」と「許せない浮気」がある
忙しい彼へは「健気なメール」で返信不要の気配りを
合コンより仕事に夢中になっている身近な彼を誘ってみよう
好きになった彼に「過去の恋愛経験」はタブー
「友達以上、恋人未満」と言うなら、そんな彼はやめておこう
彼のいないあなた、出会いは自分で作り出すもの
彼の好みのファッションをリサーチしよう
気になる男の脈あり、脈なしサインとは?
女性は、「もっとモテたい」などと思う必要はない
恋の始まりは、まずは名前を呼ぶことから
恋の始まりに敏感な女性だけが出会いを生かせる
相手の脳裏に強い印象を残す「訊ね上手な女性」になろう
社内恋愛で成功する女性、失敗する女性、どこが違う
緊張感がなく油断している女性は恋が遠ざかる
知らない間に彼を傷つける言葉を発していないか
女性の後姿に色気が発散しなくなったら終わりだ
男が口説きたくなるような勝負服を持っているか
「いい男はいない」と君は言っていないか
「約束を守る女性」は男性から愛され大切にされる



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP