Menu ▼



メニュー

女性の後姿に色気が発散しなくなったら終わりだ

最近では、女性のジーンズ姿は当たり前のようになってきましたが、もともとアメリカでは作業着として作られ、アメリカ人の体型に合うように発展したものです。

日本人は、これらをズボンの代わりのファッションのひとつとして着こなしていますが、やはり日本で開発されたものでないだけに、似合わない女性が大勢います。

もちろん、ジーンズは身長が低いより高いほうが似合う確率は高いとはいえますが、ただ、それだけではないものがあります。



ジーンズは後姿で女性の色気が表現される


ジーンズは女性の体形がそのまま出てしまうので、やはりスリムな女性じゃない無理があります。

具体的に言うと、胴体と脚の長さのバランスのいい女性は身長が低くても似合います。ヒップと太もも、脚の凹凸が整っている女性が似合うのです。

つまり、ジーンズは肌にフィットしているので、後姿で女性の色気が表現されているのです。

ジーンズで男に見せるとしたら、前よりも後姿ではないでしょうか。

スカートなら、前からでも、後ろからでも、あるいは斜めからでも、男性に色気を感じさせることができますが、ジーンズでは後姿しかないのです。


女性の色気は、顔だけでなくシルエットでも表現できる


女性の色気は、顔だけでなく、体のシルエットでさえ表現できるものであり、特に後姿に、女性の体形がダイレクトに出てしまうジーンズは、最高のズボンと言えるかもしれません。

ですが、背が低く、胴長で、脚のラインもバランスの悪い人は、ファッションなどと勘違いしないで、絶対に履かないようにしましょう。もし、彼がいたら、何も言わないかもしれませんが、きっと後姿を見て、がっかりしているはずです。

「男性にどう見られようと関係ないでしょ。勝手に想像していやらしい」と思うかもしれませんが、男は誰でも、女性にセックスアピールがあるかどうかを見ているのです。

セックスアピールがないと女性はモテない


セックスアピールがないと、女性はモテないということを知っておくことが大人の女性です。男と女しか存在しない世界で、男に女性としての色気を感じさせなければ、女性としての存在価値はないのに等しいのです。

だから、ヒップから太もものラインにかけて自信のある女性は、大いに履くべきです。いやらしい言い方ですが、後ろを歩いている男たちが、あなたの後姿に見惚れているでしょう。

もし、女性が脚を隠してしまうなら、勝負するのは顔と言葉だけになってしまいますが、よほど顔が良くないと、男にセックスアピールするのは難しい。

ですから、ジーンズの似合わない女性は、ミニスカートでも、十分対抗できます。

肌が見えるのと見えないのとでは、男の視覚を刺激する度合いが違います。多少、太ももが太くても、ミニスカートで肌を見せておけば、温かみが感じられるし、セックスアピールも生まれるでしょう。




出会いを深めるコツ(26記事)
社内恋愛で成功する女性、失敗する女性、どこが違う
緊張感がなく油断している女性は恋が遠ざかる
知らない間に彼を傷つける言葉を発していないか
女性の後姿に色気が発散しなくなったら終わりだ
男が口説きたくなるような勝負服を持っているか
「いい男はいない」と君は言っていないか
「約束を守る女性」は男性から愛され大切にされる
出会いのチャンスを増やすには自分の属するカテゴリーから出てみよう


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP