Menu ▼



メニュー

彼の両親に会うときの留意事項

あなたが彼の両親に会うときには、留意しなければならないことがたくさんあります。

それは、相手側のお母さんにあなたを気に入ってもらわなければならないからです。

お母さんは、当然、年齢も上だし、教育も昔ながらの道徳教育をしっかり受けてきた人です。

そういうお母さんは、堅実な考え方を持っており、今風のギャル的な女性を毛嫌いする可能性が高いです。



彼の両親の前では行儀やマナーを守る


というわけで、彼の両親の前では、まず、行儀やマナーをしっかり守るべきです。服装は、極力、足を隠すものが良く、ジーンズなどではなく、長めのスカートが良いでしょう。

言葉遣いも丁寧にすることが大切で、出された料理を「これは、うまい!」と言ってしまったら、ジ・エンドです。「美味しいわね」と上品に言わなくてはいけません。

最近、グルメ関係のテレビ関係が増えてから、料理を口に入れた状態でコメントするタレントが増えてきて、マネをする若い女性もいます。

「美味しい」ではなく、「おいじい」などと言っているのです。

これでは、同年代同士では、違和感がなくても、お母さんのような年齢の人には受け入れてもらえることはありません。

夕食までご馳走になるようなら、嘘でもいいから、「手伝います」と言い、キッチンに向かう姿勢を見せることが大切です。家事ができることをアピールする必要があります。なぜなら、息子が連れてきた女の子は、嫁になるかもしれない、と親は思っています。

性的なことを連想させることを言ったらダメ


たとえば、親に隠れてすでに同棲していても、「私たち、今、同棲しているんです」などと言えば、母親は「結婚する前から一緒に寝ているなんて」ということになります。

あるいは、「結婚しても働きたいから、子供は当分作るつもりはないんです」などと言えば、孫を楽しみにしているお母さんはがっくりです。


女性としては彼がマザコンかどうかをチェック


最後に、あなたがチェックしなければならないのは、彼がマザコンであるかどうかです。

もし、彼がマザコンだったら、あなたがどんなに素晴らしい女性であっても、彼のお母さんに喜ばれることはなく、結婚できたとしても、いじめられるのが目に見えています。

マザコンの家庭での序列は、一位がお母さん、二位がお父さん、三位が息子。

そして、マザコンの家は、最強は永久に母親で、彼が40歳になっても、50歳になっても、母親の言いなりで、あなたの味方になることなどありえません。

これらは、彼の家に行けば分かります。

彼が堂々としていて、母親が偉そうでなかったら、息子の序列は上なのです。

それと、彼の家に招待されたときは、彼がどういう環境で育ったかもしっかり見極めることです。それには、両親の教養とか立ち居振る舞い、それに言葉遣いを見れば、簡単に分かるはずです。




出会いを深めるコツ(26記事)
男は女性に尽くされることで守りたくなるもの
彼の両親に会うときの留意事項
彼のプレゼントがだんだん安物になってきたら?
遠距離恋愛は女性が会いに行かなければ破綻する
モテる男は女性を磨いてくれるが独占はできない
元彼を無理に忘れる必要はない
男の浮気には「許せる浮気」と「許せない浮気」がある
忙しい彼へは「健気なメール」で返信不要の気配りを
合コンより仕事に夢中になっている身近な彼を誘ってみよう


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP