Menu ▼



メニュー

恋の始まりは、まずは名前を呼ぶことから

あなたの好きな男性がいたら、必ず名前で呼んであげましょう。

「○○さん、○○さん」と何度も言うことです。

名前を呼ばないような女性は、男性には好かれません。




最近は、自分のことしか眼中にない女の子が増えており、関心のない男性には見向きもせず、冷たくあしらってしまいます。

嫌悪感があるような男性なら無視してもいいでしょうが、タイプじゃないというだけで、無視するのはよくありません。周囲からの印象が悪くなるだけです。

男性にあまれ慣れていないと、男性の名前を呼ぶことが恥ずかしいとか、苦手だという女性もいるでしょう。呼ぶことに抵抗感があるのです。

特に男女関係では大きな損になり、自ら恋愛の芽を摘んでいるようなものです。

男性の名前で呼ぶのを恥ずかしがるのは、その習慣がないからでしょうが、思い切って1回呼んでみたら、次からは自然に呼べるようになります。悩む前に、まずは呼んでみましょう。

「すみません、これ、お願いします」と無造作に書類をデスクの上に置く女性と、「○○さん、これ、お願いします」と明るく言う女性とでは、どれだけ印象が違うことでしょう。

これだけの習慣で、将来が透けて見えます。

名前を呼ばない女性は、つまらない男に引っかかって、後悔しますが、名前を丁寧に呼ぶ女性は、いい男といい恋愛をして幸せになれるでしょう。



もし、あなたに好きな男性がいるなら、その彼を遠くから呼んでみるといい。
あなたが手を振りながら、遠くから彼の名前を呼んで、駆け寄ってきたら、まず、感動しない男はいないはずです。

なのに、最近、男の名前を呼ばない若い女性が多いのです。

好きな人の名前を言うのは照れくさいのかもしれませんが、やはり名前を呼んであげると、恋愛の成就は早まります。

なぜなら、人が心理的に耳にして最も気持ちよい響き、聞き取りやすい言葉は、自分の名前だからです。どんなにパーティ会場が混雑していても、自分の名前はどんなに遠くで呼ばれても、気持ちよく聞こえるということです。

ですから、男性と親しくなりたいのであれば、どんどん、彼の名前を呼ぶことです。

名前を呼べば、必ず振り向いてあなたの顔を見ます。お互いに顔を見る回数が多いほど、恋が成就しやすいということは、恋愛心理学でも証明されています。
仕事中、飲み会、偶然会ったとき、どんどん名前を呼んで、自分に振り向かせる癖をつけましょう。








出会いを生かして深めるテクニック
男を立てる女性は、世界でいちばん「かわいい」
彼の両親に会うときの留意事項
彼のプレゼントがだんだん安物になってきたら?
遠距離恋愛は女性が会いに行かなければ破綻する
モテる男は女性を磨いてくれるが独占はできない
元彼を無理に忘れる必要はない
男の浮気には「許せる浮気」と「許せない浮気」がある
忙しい彼へは「健気なメール」で返信不要の気配りを
合コンより仕事に夢中になっている身近な彼を誘ってみよう
好きになった彼に「過去の恋愛経験」はタブー
「友達以上、恋人未満」と言うなら、そんな彼はやめておこう
彼のいないあなた、出会いは自分で作り出すもの
彼の好みのファッションをリサーチしよう
気になる男の脈あり、脈なしサインとは?
女性は、「もっとモテたい」などと思う必要はない
恋の始まりは、まずは名前を呼ぶことから
恋の始まりに敏感な女性だけが出会いを生かせる
相手の脳裏に強い印象を残す「訊ね上手な女性」になろう
社内恋愛で成功する女性、失敗する女性、どこが違う
緊張感がなく油断している女性は恋が遠ざかる
知らない間に彼を傷つける言葉を発していないか
女性の後姿に色気が発散しなくなったら終わりだ
男が口説きたくなるような勝負服を持っているか
「いい男はいない」と君は言っていないか
「約束を守る女性」は男性から愛され大切にされる



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP