Menu ▼



メニュー

歩き方の遅い男は、時代の流れについていけない

基本的に歩くのが遅い男は、世の中のめまぐるしい進歩、変化についていけない心配があります。

地方へ行ってみると、人の歩くテンポが都会とは明らかに違います。速いのがいいとは必ずしもいえませんが、世の中のスピードは速くなってきていますので、適応ということを考えれば、社会のスピードについていくしかないのです。



世の中のスピードは、なんでも速くなってきている


何かをつかまえるとき、あるいは身の危険を感じて逃げるとき、必要なのはスピードです。世の中のスピードというのは、本当に速くなってきています。飛行機やクルマといった交通機関、あるいは情報伝達速度もそうですが、もっと身近なところで、話し言葉の速度も、大きな変化を遂げています。

たとえば、1950年ごろ、NHKのアナウンサーの1分間にしゃべるスピードは、260字だったようですが、それがいまでは440字から460字になっているそうです。ほぼ倍のスピードになっています。

また、お笑いタレントのおしゃべりなど機関銃のような速さでしゃべりまくりますが、ひと昔前の漫才でのしゃべりなどは、その3分の1程度の速さだったように思います。


歩行テンポの遅い人は時間感覚がない証明


いまの若い男が昔のような遅いテンポの話し方だったら、どこかの名門の家柄か、よほど他に魅力がないかぎり、女性は「じゃあまたね」といいたくなるでしょう。歩行のテンポについても同様のことがいえます。

また歩行速度の遅さは、時間感覚のなさの証明でもあります。
遅いかどうかは、いっしょに街を歩いてみればすぐにわかります。人の行き交う街には、一定のリズム、テンポがあるものです。

それに調和して歩けばいいですが、周囲の人にくらべて間延びしているようなら、歩き方は遅いと思っていいでしょう。そういう人は、たぶん時間感覚も間延びしているはずだから、いろいろ観察してみるといいでしょう。

たとえば、電話でも長く話すようなタイプであることが多いものです。長電話はずっと女性の専売特許でしたが、最近は男も長くなってきたといわれています。これは男性が女性化したことのあらわれですが、一方でテキパキ小気味よい電話をかける女性も多くなってきています。

それだけTPOを心得た女性がふえてきているのに、ダラダラ長電話をするような男は、いずれロクな男ではありません。モタモタ歩いて、おまけに相手かまわず長電話するようなら、たいしたことのできる男ではないと見限ったほうがいいでしょう。

ゆっくり歩く男は闘争本能が希薄


もう一つ、歩き方でわかるのは、ゆっくり歩く男は、闘争本能が希薄なことです。ゆっくり歩けば、自然に足音も小さくなります。悪いことをしたわけでもないのに、足音を忍ばせて家に帰ってくるような男は、自分に自信のない証拠です。

男を選ぶときには、男の歩きっぷりを観察してみるのも、人物を評価する重要なポイントということができるでしょう。







間違いのない男の選び方

【素敵なパートナーシップを選ぶ原則】

結婚を後悔しないためには男の判定基準が大切
自宅が職場から遠いほど男の出世は遅れてしまう
一流の趣味を持つ男は将来性が買える
贅沢な遊び方のできる男は見込みがある
少し「いい加減な男、規格はずれの男」も注目に値する
歩き方の遅い男は、時代の流れについていけない
ツキのある男は、一生ツキがついてまわる
3回言っても実行しない男は手放そう






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP