Menu ▼



メニュー

贅沢な遊び方のできる男は見込みがある

★贅沢な遊び方のできる男は見込みがあるので、男性を選ぶ基準になります。

遊びといっても、パチンコとかマージャンのように、お金をとったりとられたりする遊びではありません。どちらかといえば、贅沢な部類に属する遊びです。

ゴルフはいまでは大衆的な遊びになっていますが、学生時代からはじめていてシングルの腕前なら、その人のゴルフはかなり贅沢だといえます。スキンダイビングだったらオーストラリアの海で潜っているとか、ヨットでも外洋帆走のできる本格的なクルーザーが操れるような男が狙い目です。



贅沢な遊びは、遊びを通じて人脈が広がる


お金を使って贅沢な遊びをしていると、同じような仲間ができます。人間関係には「類は友を呼ぶ法則」が働き、似たような考え方の持ち主、似たような好みや趣味の人間は、自然に寄り集まるものなのです。

贅沢な遊びをしている人間の仲間は、非常に有能か(仕事も遊びも)、社会的にも高い地位についているか、あるいは金持ちであるか、のいずれかであることが多いです。そういう人間と遊びを通じてつきあっているうちに、自然に人脈にも恵まれてきます。

贅沢な遊びのできる人間には将来性がある


若いうちは経済力もなく、贅沢な遊びはなかなかできませんが、どこかでケチっても、そういう遊びにポンとお金をはたいているような男は、将来、おおいに見込みがあると考えてもいいでしょう。

若いうちから贅沢の味を知っておくことは、一流の趣味を持つのと同じくらい重要です。贅沢の味を知っていると、万事に余裕ができて、無意味な劣等感をもたなくてすむからです。

一流の人士といえども、遊びのときはふだんと違って無邪気だったり、弱気だったり、思いがけない人間性を垣間見せるもので、そういう面を見ることで、じっさいに大きな人生勉強をすることもできるのです。

男は就職してしまうと、交際範囲が限定されてしまいますが、贅沢な遊びはそれを補う手段となります。

若いときコツコツとお金をためる男もいますが、そういう男は、仮に小金はためられても、大きく伸びることはできません。

いまの若い世代も、贅沢志向がないと、イザというとき何かにおじけづくことになります。そして劣等感の材料になったり、行動力に乏しくなったりします。

懐が温かいときは、一流レストランでフランス料理を食べさせてくれる、しかしお金が乏しいときは「きょうはラーメンで勘弁してくれ」と悪びれずにいえる。そういう男がこれからは伸びる男といえるでしょう。




男性を選ぶ基準(14記事)
自宅が職場から遠いほど男の出世は遅れてしまう
一流の趣味を持つ男は将来性が買える
贅沢な遊び方のできる男は見込みがある
少し「いい加減な男、規格はずれの男」も注目に値する
歩き方の遅い男は、時代の流れについていけない
ツキのある男は、一生ツキがついてまわる
結婚は「結婚相手の男性の選ぶ基準」を持つことが大切


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP