Menu ▼



メニュー

男縁の薄い女性だけでつるんで、遊んでいるのではありませんか?

いい出会いを手に入れる方法には、合コンに参加するなど、いろいろあるでしょうが、手っ取り早いのは、魅力的な男性との人脈を持つ女友達と仲良くなることでしょう。



そのような女性は、ひとりだけではなく複数いたほうがいいでしょう。

「そんな打算的な考えで友達に近づくのは良くないのでは?」と考えるかもしれませんが、みんなが幸せになる、と思えば何の問題もないはずです。

紹介された男性のネットワークを使って、また、紹介してくれた女友達に男性を紹介すれば、ウインウインの関係が成り立つでしょう。

ひとつのスポーツをみんなで楽しむような感覚がいいでしょう。まさに「チームプレー」です。チームメートならば、「みんなで共通の目的のために楽しもう」という感覚です。

魅力的な人脈を広げることを心がけると、もうひとつ大きな「おまけ」がついてきます。それは、魅力的な仲間とつき合ううちに、あなた自身も磨かれるということです。

ここでひとつ言えることがあります。

それは、恋愛上手でモテる女性は、たいてい、恋の可能性を感じられる男友達を3、4人はいるということです。

「男友達なんていないわ。女性同士でいることが多いの」という人は、まず男友達を見つけるより前に、まず新たな女友達をつくり、仲良くすることを心がけることです。

「心を開いて接した時に、同じように好意的になってくれる女友達」をひとりでも多く見つけるのです。



そのために、相手との共通点を見つけるよう、心がけてみましょう。

話の中で、相手がゴルフをすることが分かったら、「ゴルフ、いいね! 今度、一緒に行きましょう」など、相手と一緒の時間を持てるように、働きかけるのです。

「同性と仲良くなって、男性との出会いにつながるの?」と思うかもしれませんが、この訓練が実は重要です。

これは男性と新しく知り合い、恋愛へのステップを踏む際の予行演習になるのです。友達としての関係を深める過程は、相手が男性であろうと女性であろうと変わりないからです。


「そんなに気の合う人なんてそうそう見つからない」とあきらめるのはもったいないことです。「合わないかも」と思う相手と無理して仲良くする必要はありませんが、「ステキだな」と思った女性と、仲を深めるようにしましょう。

まずは、気の合う女友達を見つけ、それぞれの男性の人脈を持ち寄って出会いの場を設けるのです。

女性同士でいつも固まって男性との出会いを狭めてしまうのではなく、むしろ女性と仲良くなることによって男性との出会いを広げられるつき合いを目指しましょう。







恋愛に失敗する人には必ず理由がある
過去の出会い、恋愛のパターンを振り返るとわかる
遠回りに見えるような恋愛こそ、いい恋愛を引き寄せる
世の中に「いい男なんていない」と思い込んでいませんか?
脈のない男に執着して新たな恋を逃がしていませんか?
「期待はずれ」の飲み会への連続参加で戦意喪失してないですか?
恋愛は先手必勝、相手からの連絡待ちで縁を逃してないですか?
肩書きや学歴・収入だけで男性を選んでいませんか?
「おごられて当たり前」と思っていませんか?
出会いのない理由を、忙しいからと自分に言い聞かせていないですか?
勝手に「運命」を感じていませんか?
相手の都合のいい女として振り回されすぎていませんか?
つき合う前に体の関係を持ってしまったのではないですか?
深い関係なのに、つき合っている感じがしないのはなぜ?
キャリア系女性の陥りやすいワナにはまっていませんか?
男縁の薄い女性だけでつるんで、遊んでいるのではありませんか?
ひとり婚活は、逆に男縁を薄くしている
できる女だけでは、女としての評価を高めることにはならない



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト

Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP