Menu ▼



メニュー

深い関係なのに付き合っている感じがしないのは、体の関係だから

相手とはすでに深い関係になっているし、会っているときには「好きだよ」と何回も言われ、会う回数も週に一度くらいはあるので、お互いに愛し合っていると勘違いしているのではないですか。

お互いに愛し合っているのは、疑うべくもありませんが、男にとっては愛する対象が違うのです。男はあなたの柔肌をこよなく愛しているのであって、あなた自身に愛情を持っているのではないのです。

★つまり、深い関係なのに付き合っている感じがしないのは、体の関係だけの付き合いだからなのです。



最初の出発点が間違い


そういう状態にある相手と「なんとなくつき合っているのだけれど・・」という女性がいますが、なぜつき合っている感覚がないのかと言えば、最初の出発点が間違っており、「正式につき合ってください」という男性からの言葉がないまま関係が進んでしまったからです。

こういう関係を継続している女性は、相手のことを彼だと思ってはいけません。

試しに4、5日、あなたからメールや電話をしなければ分かるでしょう。
それでも、彼から何の音信もなければ、それは「つき合っていない」ということなのです。

男にとって体の関係と愛情とは関係がない


ふたりにとって確かなものは、「体の関係を持った」という事実だけですが、男はどんな女性ともベッドを共にできる生き物なのです。それが生物学上の男なのです。

ですから、体の関係を持ったからといって、本当の恋は実りません。
結ばれたことだけに満足している女性の多くが、お決まりのように1ヵ月後、泣き崩れるのです。

「でも、1ヶ月もつき合えて、私を大切にしてくれたわ。それだけで満足よ」という女性もいますが、それは大きな間違いです。

男は、あなたの前から姿を消すのに、1ヶ月間、「どういうふうにおさらばしようか」と作戦を練っていただけなのです。それがたまたま1ヶ月間だったのです。


男は体の関係を持った日からフェードアウトを考えている


実は、彼はあなたと結ばれたその夜からいかにフェードアウトするかを画策していたのです。

「でも、優しかったし」「好きだと何回も囁いてくれたし」「一緒にいると心が休まるよ」「ベッドではすごく優しさしてくれたし」と、彼の言動をいろいろと振り返るかもしれませんが、「つき合っている」という言葉をきちんと聞いていなければ、残念ながらどんな言葉も無に等しいのです。

あなたが今、「彼」だと思ってて会っている男性は、本当に「彼氏」ですか?

つき合いが長くなればなるほど傷は深くなります。早いうちに確認をし、自分の立場をしっかりと認識してください。
しっかりと愛されている感覚を味わってください。





恋愛・結婚に失敗する女性(34記事)
脈のない男に執着して新たな恋を逃がしていませんか?
「期待はずれ」の飲み会への連続参加は戦意喪失だけ
恋愛は先手必勝、相手からの連絡待ちで縁を逃してないですか?
肩書きや学歴・収入だけで男性を選ぶと恋愛は失敗しやすい
男性からおごられて当たり前と思っていませんか?
出会いのない理由を、忙しいからと自分に言い聞かせている
勝手に「運命」を感じていませんか?
都合のいい女として振り回されすぎていませんか?
つき合う前に体の関係を持ってしまったのではないですか?
深い関係なのに付き合っている感じがしないのは、体の関係だから


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP