Menu ▼



メニュー

失恋時や離婚時に、自分から男性に近づくと男運を下げる

女性は恋愛をして恋人ができると、いずれは結婚して家庭を持つようになり、そして自然とその夫と生活を営むようになります。

男運がいいとお金にも不自由しないし、性生活も満足したものになるでしょう。

ですが、
離婚や離別などの理由で夫がいなくなると、家庭生活は一挙に空虚となってしぼむため、妻は急いで新しい生活費や性生活の満足度を得ようと焦ってしまうことがあります。



失恋時や離婚時には焦って男を探さないこと


実際には独身になれば、それまで円満な家庭生活が崩れるのは当然で、それでも生活はできるでしょうが、中にはひどく慌ててしまう女性もいるのです。

そして、ともかく生活費や性生活を充足してくれる男を探そうとします。
たまたま素敵な男性が見つかれば何の問題もありませんが、そううまくはいかないものです。

焦ると肉体だけが目当ての悪い男を引き寄せやすい


しかし、それが悪い男でも別れられなくなるのが女性の生理で、生活用品でも何かが切れると補充しないではいられないタイプなどは、十分気をつけなければなりません。

これは結婚後の女性の場合ですが、婚前の女性でも、近頃は「男性欠乏症」とでもいうべき欲望空腹タイプが出現してきました。

肉体関係をし続けると、自分の大切な体の中が男の大切なものによって満たされることになります。しかし彼と別れると、単に気持ちの上で寂しいというより、体の中の空腹感を満たさなければならない、と思うようになるのです。

これがアダルトグッズの発展にもつながったのですが、そんなものでは満足できない女性が圧倒的にふえてきました。

つまり、不倫や、出会い系をきっかけにしたつき合いが多くなった、大きな理由がこれなのです。いわば食べることで空腹を満たすように、体の中の空腹もそうして満たさないと、我慢できなくなってしまうのです。

失恋時は、希望の持てる男性はやってこない


特に、若い女性は失恋した後、「男で受けた傷は、男でしか埋められない」と思うかもしれませんが、気持ちが滅入っているときに、寄ってくる男とは、明るく希望の持てる関係にはならないものです。

男からすれば、「失恋直後の女ほど、落としやすいものはない」と自慢する遊び人もいます。

このように、いつもいつも、いい男が目の前に現れるとはかぎりません。しばらくは寂しい生活で我慢していれば、いつかはまたいい出会いがある可能性を、無理に目の前のつまらない男で間に合わせようとしてしまうのです。
ここに男運を一挙に下げる危険が待っています。

「我慢」が男運を下げない手段となることもあるのです。





男運がない女性の特徴(24記事)
男運の悪さは6つの生活習慣から作られる
「満月の夜」は狼男が出やすいので外出は要注意
男に頼りたくなる女性は、男運を下げてしまう
男運の悪い女性はベッドインの前の確認を忘れている
失恋時や離婚時に、自分から男性に近づくと男運を下げる
男運が悪い女性は、相手の波長に合わす努力を
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP